月 日 内     容
1月10日 建設関連業協議会として新年挨拶回り
協議会役員全員で県庁各課長に挨拶、出先については分担してあいさつ文を届けた。(1月10日〜16日)
13日 全測連賀詞交換会が東京で開催
雪のため、会長は欠席した。
18日 1月度定例幹事会開催
各委員会より活動報告があり、関係事項について協議した。
19日 造園組合主催の技能講習会に講師派遣
SD学院理事7名が測量の講師として出向した。
20日 1月度定例幹事会開催
各委員会より活動報告があり、関係事項について協議した。
22日 産学官全体会議
分科会で各々勉強してきたことを全体会として意見交換をした。
23・24日
「第2回G空間情報技術講習会」開催
SD学院主催の講習会として福井県測量会館で開催、35名が参加した。
27日 技術士(1次)試験対策セミナー開催
福井県技術公社と共催でセミナーを福井県測量会館で開催し、18名が参加した。
30日 三役会開催
プレインターンシップの受け入れ態勢について協議した。

月 日 内     容
2月20日 全測連近畿地区協議会の定例会が大阪で開催
会長、事務局長が出席した。
22日 2月度定例幹事会開催
各委員会より活動報告があり、関係事項について協議した。
26日 建コン部会全体会開催
29年度の活動報告と30年度の活動計画を協議し、30年度予算を決定した。

月 日 内     容
3月5日 三役会開催
新年度の会費を確認した。
8日 SD学院理事会開催
総会に係る議案を審議した。
15日 三役会開催
3月理事会の議案を審議した。
22日 29年度3月理事会開催
30年度の活動計画並びに予算を協議決定した。
29日 経済委員会開催

月 日 内     容
4月 5日 SD学院経理事務検査
県労政課から検査員が来所した。
6日 三役会開催
総会資料について討議した。
11日 29年度収支決算の監査
(一社)測量協会、同志会、SD学院の監査を受けた。概ね良好と指摘事項は無かった。
17日 CIM勉強会開催
10社17名が出席した。福井河川国道事務所主導のCIM勉強会の報告と今後の活動について協議した。
19日 近畿地区協の測球会が兵庫で開催
会員3名が出席した。
総務委員会開催
通常総会に向けた準備、当日の役割分担を決めた。
23日 (一社)福測協第96回通常総会をまつや千千(あわら市)にて開催
第1号議案 平成29年度(一社)事業経過報告の件
第2号議案 平成29年度(一社)収支決算承認の件
第3号議案 平成30年度事業計画(報告)の件
第4号議案 平成30年度収支予算(報告)の件
第5号議案 定款に基づく役員選任の件

上記の議案について担当者より詳細な説明があり、審議の結果原案どおり承認された。三役が入れ替わり中西新会長を中心に新しい体制となった。

職業訓練法人SD学院通常総会をまつや千千(あわら市)にて開催
第1号議案 平成29年度事業経過報告の件
第2号議案 平成29年度収支決算承認の件
第3号議案 平成30年度事業計画(案)の件
第4号議案 平成30年度収支予算(案)の件
第5号議案 定款に基づく役員選任の件
    
上記議案について担当者より詳細な説明があり、審議の結果原案どおり承認された。     
27日 国交省福井河川国道事務所副所長來所
新会長、事務局長が対応した。

月 日 内     容
5月1日 担当理事会議開催
各委員会のメンバーを決定した。
8日 ドローン技術者交流会開催
10日 SD学院役員会開催
今年度の講習会について協議した。
総務委員会開催
正副委員長の選出、今年度の事業計画を立案した。
14日 産官学全体会議開催
16日 技術委員会開催
正副委員長の選出、今年度の事業計画を立案した。
17日 経済委員会開催
正副委員長の選出、今年度の事業計画を立案した。
18日 広報委員会開催
正副委員長の選出、今年度の事業計画を立案した。
22日 近畿地区協定例会が大阪で開催される
会長、事務局長が出席した。
近畿地区協総合調整委員会が大阪で開催される
副会長、専務理事が出席した。
24日 能力開発協会の総会が開催される
石田理事長が出席した。
全測連の総会が東京で開催
会長が出席し、高岡氏、毛利氏が会長表彰された。
25日 道路協会総会開催
専務理事が出席した。
CIM勉強会開催
29日 5月度定例幹事会開催
今年度の事業計画並びに近々の課題について協議した。

月 日 内     容
5月27日〜
6月3日
測量の日の街頭広告
福井駅前の電光掲示板で測量の日を宣伝した。
7日 建設関連業協議会事務局長会議開催
年度当初の要望活動について協議した。
11日 近畿地区協議会として近畿地方整備局に挨拶
会長が出席した。
13日 SD学院理事会開催
第1回講習会の企画について協議した。
16日 技術士試験対策講習会開催
福井県技術公社と共催し、12名が参加した。
20日 産官学合同研究発表会開催
28・29年の研究の発表会をアオッサで開催した。116名が参加した。
21日 経済委員会開催
アンケート調査と経営セミナーについて協議した。
22日 建設関連業協議会役員会会議
年度当初の要望活動について協議した。
28日 6月度定例幹事会開催
今年度の事業計画並びに近々の課題について協議した。
29日 福井県教育委員会に要望
文化財発掘調査について要望した。会長、若林理事、木水が参加した。

月 日 内     容
7月 3日 平板協議会審判員打ち合わせ会
7月24日に開催する平板協議会の審判員事前打ち合わせ会が福井農林高校で開催され、4名が出席した。
11日 建コン運営委員会開催
今年度事業の具体化を協議した。
19日
経済委員会開催
経営セミナーについて協議した。
20日 SD学院第1回講習会開催(1日目)
「G空間情報技術セミナー」を福井県測量会館で開催し、会員従業員33名が出席した。
24日
建設関連業協議会として福井県に要望
三団体の会長揃って土木部長、農林部長、総合政策部長に直接要望書提出した(県及び国の出先機関は24〜25日に役員が分担して要望書提出)
平板競技大会開催
県内農林高校の対抗競技会で、審判員として協会から5名出席した。
26日
7月度定例幹事会開催
今年度の事業計画並びに近々の課題について協議した。

月 日 内     容
8月 6日 北陸地区協正副会長会議が高田市で開催
北陸測量部への要望について協議し、会長、専務理事、事務局長が出席した。
10日 SD学院第1回講習会開催(2日目)
「G空間情報技術セミナー」を福井県測量会館で開催し、会員従業員38名が出席した。
13日
三役会開催
県への要望をとりまとめた。
24日
ドローン技術者交流会の代表者会議開催

全国事務局長会議が東京で開催
事務局長が出席した。
29日
全国業際問題担当者会議が東京で開催
林原理事が出席した。

月 日 内     容
9月 3日 夏の理事会を開催
顧問の山崎参議院議員、山本・山岸両県議をお迎えして意見を交換した。
10日
近畿地区協の事務局会議が京都で開催
阪下事務局長、五十嵐事務員が出席した。
18日
近畿地区協定例会議が大阪で開催
会長、事務局長が出席した。
近畿地区協総合調整委員会が大阪で開催
副会長、専務理事が出席した。
近畿地区協セミナーが大阪で開催
福井から4名が出席した。
20日
9月度定例幹事会開催
今年度の事業計画並びに近々の課題について協議した。
26日
SD学院理事会開催
福井市の職員研修について協議した。

月 日 内     容
10月 2日 RCCM講習会を開催
福井県測量会館で開催し、会員職員8名が受講した。
北陸地方産官学連絡会議が金沢で開催
会長が出席した。
4日
広報委員会開催
機関誌「福測協2019」の発刊について協議した。
10日
全測連会長会議が広島で開催
会長が出席した。
12日 建コン部会「事例発表会」開催
アオッサで開催し、発表者7名、聴講生70名、大学6研究室30名も参加した。
16日
経済委員会開催
経営セミナーについて協議した。
17日
和歌山測協の50周年記念式典開催
会長が出席した。
18日
近畿地区協「測球会」が開催
橋本カントリークラブ(和歌山)で開催し、福測協から3名が出席した。
19日
福井市職員研修会開催
福井市から委託を受け、SD学院が企画開催した。
25日 福井県との意見交換会開催
県からは土木部長、企画官が出席、協会は理事4名が出席し、山岸顧問も同席した。

10月度定例幹事会開催
今年度の事業計画並びに近々の課題について協議した。
地図教室の担当者打ち合わせ会
当日役割分担を決定した。
26日
「県課長による行政講習会」開催
砂防防災課長、建築住宅課長代理の講演、会員従業員36名が出席した。
30日 福井市上文殊小学校で地図教室を開催
国土地理院から地図について講義、協会会員による測量の体験学習を実施した。児童8名が参加した。



平成 8年のうごき(PDF文書 6.3M 平成19年のうごき
平成 9年のうごき(PDF文書 5.9M) 平成20年のうごき
平成10年のうごき(PDF文書 5.4M) 平成21年のうごき
平成11年のうごき(PDF文書 5.4M) 平成22年のうごき
平成12年のうごき(PDF文書 4.0M) 平成23年のうごき
平成13年のうごき(PDF文書 4.0M) 平成24年のうごき
平成14年のうごき(PDF文書 0.9M) 平成25年のうごき
平成15年のうごき 平成26年のうごき
平成16年のうごき 平成27年のうごき
平成17年のうごき 平成28年のうごき
平成18年のうごき 平成29年のうごき 
※PDF文書をご覧いただく場合、Acrobat Readerプラグインが必要です。